主催者ごあいさつ

本市の中心市街地は、本年4月に「JRおおいたシティ」「大分県立美術館」が完成し、大分駅高架化をはじめ、大分駅南土地区画整理、関連街路整備から始まった100年に1度といわれる壮大なまちづくりが集大成の時を迎えようとしています。

また、東九州自動車道の大分〜宮崎間開通とも相まって、本市中心市街地に多くのお客様が訪れていただいております。そして、今年7〜9月には、20年ぶりにJRグループによるデスティネーションキャンペーンが開催されることなどから、大分市の活性化と魅力を全国に発信する大きなチャンスが到来しています。

こうした中、本年7月から3カ月間にわたり、世界でも例のない、「トイレ」を舞台にした斬新かつユニークなアートフェスティバル「おおいたトイレンナーレ 2015」が開催される運びとなりました。

約450年前、大友氏の時代に、国内有数の国際貿易都市として世界に名を馳せ、西洋の音楽や演劇などをいち早く受け入れた南蛮文化発祥都市である本市において、「おおいたトイレンナーレ 2015」は、こうした先達の進取の気質を引継ぎ、現代アートを活かし、企業や個店、そして市民が一体となって本市の魅力を創造し世界に向けそれを発信し、地方創生を進めようとする取組みでございます。

このフェスティバルの期間中に本市を訪れていただくお客様や、様々な形でご参加いただくすべての皆様には、アート作品のすばらしさや面白さ、そして中心市街地をはじめとした本市の魅力を存分に味わっていただけるものと考えています。

結びに、これまで「おおいたトイレンナーレ 2015」の開催に向け、推進役となっていただきました八坂委員長をはじめとする実行委員の皆様、さらには、ご理解、ご協力を賜りました関係各位に、深く感謝申し上げますとともに、アートフェスティバルの成功に向け、さらなるご支援をお願い申し上げて私のあいさつとさせていただきます。

大分市長
佐藤 樹一郎